2016年8月12日金曜日

21年目のエクセリーナ・5 ―そこに至る遍歴のあした―




今でこそリカちゃんキャッスルの通販やイベント、
更にオーダーまであり、好きなフレンドがなんぼでも買えるが
そういったものがなかったあの当時、ジェニ者である私の飢餓感を
埋めてくれたのはなんといってもTOTOCOだった。



発売中のものはもちろん揃っていたし、
古めのものやオリジナルドールが充実していて
まさしくジェニ者の聖地。



10周年ドールを長期販売してくれていたこともありがたかった。
いつでも買えるというのはやはりいい。



後でやっぱり欲しい、となったり
うちでドールを見てハマった人が同じものが欲しいと言うので買いに行ったり
これ可愛いからもう一つ欲しいと叔母に頼まれて買い足しに行ったり。






この角を曲がればTOTOCO、というところまで来ると
走り出したい衝動に駆られたものだ。
大人なので我慢したが。



なにしろあの頃エクセリーナが買えたのはTOTOCOと
リカちゃんキャッスルだけ。



関東圏から福島のキャッスルへはそうホイホイ行けるものではないので
TOTOCOの存在は貴重だった。



鈴木蘭々やまちかどドレミのロビンみたい、と
ショートのエクセもお気に入りになった。



グレーまつ毛ということで最初は興味がなかった
ハッピーカラーピンクのおだんごも、
ドールブックで着物を着ているのを見たとたん買いに走った。






だがやがてエクセリーナはタカラ(タカラトミー)の独占ブランドとなり
TOTOCOからは発売されなくなってしまった。



本来ならエクセとして発売されるはずだった仕様のTOTOCOドールは
下まつ毛をなくしマリーンとして発売された。



そして肝心のタカラトミーから出た30周年エクセは
ファンが納得するようなものではなかった。



なにしろ中国製で三万円だ。



大人リカちゃんが一万円以上というのは別にいいと思う。
あれはリカちゃんファンに向けたものというより
昔リカちゃんで遊んでいた人がふと目を向け、
え?今のリカちゃんってこんなに可愛くてお洒落なの!?
と驚いて買うのにちょうどいいものなのだろう。



普段リカちゃんキャッスルでリカちゃんを買っているファンからすると
服はともかく人形本体に対する不満があるはずだろうから。



見本は可愛かったのに届いてみたらなんか違う、
やっぱり見本とは違うものなんだね…とがっかりした様子が書かれていた
(おそらくキャッスルリカちゃんを知らない人の)ブログを見つけたことはあるが、
大方が見本と製品版のクオリティの差に気付かない人なんじゃないかと思う。



その大人リカちゃんとエクセを買う層は違う。
そもそも知名度がまるで違うので、例えば大人リカちゃんと同じように
広告を打ったとしても、「高いリカちゃん」と思われるのが関の山だろう。



昔ジェニーが好きだった、という人の目に留まったとしても
子供のおもちゃに三万円はない、と引かれてしまうだろう。



エクセが大好きな人からはクオリティで引かれてしまう。
ジェニーファンはメーカーからバカにされているんじゃないか
とすら思えてくるのは僻み過ぎだろうか。






今ジェニー30周年ということでリカちゃんキャッスルで
エクセが受注生産されているが、それが終わったらもう
国産エクセにはお目にかかれなくなってしまうのだろうか。



90年代、キャッスルエクセがあり、TOTOCOエクセがあり、
おもちゃ屋さんにはタカラ純正エクセがあった。



これからも細々でよいからキャッスルエクセが出てくれることを望む。
この可愛らしさに心惹かれる人はこれからもいるはずなのだから。
それからTOTOCOのおじさんがいつまでもお元気でありますよう。







0 件のコメント:

コメントを投稿