2014年9月29日月曜日

21年目のエクセリーナ・2 ―そこに至る遍歴の始まり―



昨日も骨董市へ行ってきた。
前回のいつも行くお店の方に煩いやつがいると思われていたら
ちょっとやだなーと思っていたのだが、顔を憶えられていなかったようだ。


あー、薄い顔で本当によかった。


そしてやっぱりそのお店に人形はなかった。
天地真理らしきポピーちゃんや前回にもあったバービー達くらいで
特にめぼしい人形はなかったものの他のお店の方とお話ができたのが
収穫だった。


来月が楽しみだ。





さて、私がジェニーにはまったのは1993年の夏のこと。
妹が玄関に放置していたタカラバービーを捨てようとしたものの
かわいそうになったので捨てるのはやめ、服を作って着せ
インテリアグッズにしようと思い立ったことに始まる。


ジェニー本を買おうと本屋さんに行ったら
ジェニー誌93'夏号がタイミングよく発売されていて、
それを読んだ私はすっかりジェニーワールドに魅せられてしまった。
次の発売日がそれはそれは楽しみだった。


そして運命の93'秋号。
たきもととしこさんの「手づくりはじめてアンティークドレス」で
モデルを務めるバービーエクセリーナと出逢った。


こ、これは…!





リカちゃん遊びの現役だった頃、私はリカちゃんの顔に不満を持っていた。
当時の二代目リカちゃんは髪型を変えることはできず、一重まぶた
(モールドで二重の線は入っていたが)エラが張っていて
鼻の下が長くやや仏頂面、おまけに小学生。
小学校に入学して以来学校が大っ嫌いだった私にとって
小学生という設定はそれだけでマイナスだった。


私の欲しい人形はこうじゃない。
そんな現実的なのじゃなくてもっと妖精みたいな、お姫様みたいな…。


金髪で青い目で(二代目リカちゃんも青いんだけどね)正面を見ていて
おめめキラキラの少女マンガのように可愛くて
リカちゃんよりおねいさんでぼいんぼいんで…。


そんな風に思い描いていた理想の人形の顔がそこにあった
(ぼいんぼいんではなかったが)。


しかしページの隅に「モデル/★エクセリーナ(★はすでに製造されていません)」
と書かれていても、そもそもエクセリーナが何なのかわからない。


他のジェニーフレンドとはネーミングの具合が違う感じだし、
高級感があるというか、とにかく普通のジェニーフレンドではない気がする。




奇しくも次の号の表紙はエクセリーナだった。
だが表記はジェニー。
そして下まつ毛のないジェニーエクセリーナなるすごく可愛い人形も載っていた。


どうやらエクセリーナというのは特別仕様であるらしい。
そしてそれは今は製造されておらず、買えるとしたら
どこかのおもちゃ屋さんに残っているかもしれないそれを根気よく探すか、
リサイクルショップを巡るかしかないらしい。
私はだんだんわかってきた。


だがもう一つ方法がある。
それはカスタムだ。
ジェニー誌にも顔の描き方や髪・肌の染め方が載っていたではないか。


私は980円のコーディネートジェニー(この頃はこんな値段で
国産のジェニーが買えたのだ)と子供の工作用エナメル塗料を
オリンピックストアで買った。
エクセの肌は白いということを当時は知らなかったんだと思う。


ジェニーのアイプリの上にエナメル塗料の色を重ねてみた。
案外むずかしい。
描いたり消したりするうち元のアイプリは消えてしまった。
それでも何とかいい感じに仕上がりけっこう気に入っていた。


だがしばらくたったある日、妙なものが床に落ちていた。
拾ってみたら…ジェニーの目!?
そう、エナメル塗料がウィンドーデコシールのように顔から剥がれてしまったのだ。


この塗料はダメらしい。
私は一つ利口になった。





髪が熱で溶けることを知らずにドライヤーを当てられたり
肌染めの実験に使われたり、ボディの構造見たさに壊されたり
散々な目にあったそのジェニー。
今は取りあえず眠り目を描いて寝っぱなしな状態。
ボディはジュリアナからもらった。
口だけはMr.カラーじゃなかった気がする。
水彩かアクリルか…テキトーに塗ってある。
白なのはベルセルクのキャスカに影響されたから。





次はどんなおバカなことをやらかすのか!?
赤毛のローゼルとは果たして何者!?
以下次号!





2014年8月24日日曜日

21年目のエクセリーナ・1 ―じわじわ来る巡り逢いの喜びをかみしめる―



私、よくリサイクルショップやら骨董市やらへ行くが
それもこれも「これ」を見つけたいがためといっても過言ではない。


「これ」を知ることがなかったらあるいは
ここまで人形にはまることもなかったかもしれない。


それは、そうバービーエクセリーナ。





ジェニー誌'93年秋号に載っていたたきもととしこさんの
フェルトのアンティークドレスを着たエクセリーナを見て
雷に打たれたような衝撃を覚えた。


幼い頃から夢見てきた理想の人形の顔がそこにあったから。


「何!?エクセリーナって何なの!?ジェニー?フレンド?」
その時は何も知らなかった。





昨日の骨董市へ出かけるのが数日前からなぜか非常に楽しみだった。
何か(バビエクとか初代マリーンとかレディマリアとかプティットドールリカちゃんとか)
が見つかるような気がして。


しかしバビエクどころかファッションドールの類は一つも見つからず
私は些か不機嫌になっていた。
いつものことといえばいつものことだが。
骨董市に人形があることなど滅多にない。


そしていつも行くお店には今日も人形がない。


「人形は…」「今日は持ってきてないんです。うちにはあるんですが
or別の会場に持っていってて。」という毎度の会話がもう一年以上続いていたので
いつもなら「そうですか、じゃまた来ます。」と言うところなのだがさすがに
「前回も前々回も言ってますよね?」と言ってしまった。




我慢すりゃよかったのに…大人気ねぇ、私態度悪かったろうか…。
反省しつつうろついているとテーブルにビンテージバービーを置いているお店が。
バービー、ケン、ミッヂ、スクーターでよく見なかったけど皆一万円台だったと。


バービーかぁ、と手に取りつつ周辺を見渡してみたらそっちのテーブルの
下の箱にぞんざいにジップロックに入れられたジェニー系の人形が。


ソバージュのトヨカロンらしき茶っぽい髪が見えた。
え?日本橋リカちゃん?…のわけない(日本橋リカちゃんはカネカロンだわな、
それ以前に骨董屋さんに発売から間がない日本橋リカちゃん叩き売るやつはまずいないわな)
手に取ったらバービーエクセリーナだった。


アッシュブロンドが陰にあったので茶っぽく見えたらしい。


「これいくらですか!?」
「五百円。」
「本当に五百円でいいんですか!?」←舞い上がりすぎ。


「それ何なのか教えてもらえますか?」
「バービーエクセリーナです!」
「え?それもバービーなの?」
「ええ、タカラから出た和製バービーの特別仕様で…えー…話せば長くなりますが?」
「あ、わかりました。」


他はジェフの前身のケン、タカラバービー、ジェニーかバービー、
JeNny2000の002(青白髪の18ジェニーでこ出しの方)があった。




帰ってメンテ。
初代マリーンもそうだがヘッドと腕がかなり柔らかい。
なのでヘッドを外すのは非常に簡単。
トヨカロンを洗っていいものかどうか迷ったが、
やはりそのままは抵抗があったので洗ってみた。


お湯ではなく水を使いなるべくそっと洗ってスリーブを付け自然乾燥。
どうやら大丈夫だ。


状態はわるくない。
退色はさほどしていないし髪もそう傷んではいない。
口の下に落ちない汚れがあるが目立たないので気にしない。
写ってないし。これはほくろだほくろほくろ。


十分乾いたのでボディを装着、
以前いただいたものの中に紛れていたエクセの服を捜して着せる。


本棚からジェニー誌を取り出したきもととしこさんのページを開く。
理想であったそのエクセの写真の隣に私のエクセを並べてみる。
前髪を分けて眉を出し、見比べる。


うん、よく似ている。これこそ私が欲しかったエクセだ。


そしてこの本で初めてエクセを見たときから21年経ったことに気付き
ちょっとだけ愕然とするのだ。




バービー・エクセリーナ
1984~1985年に発売されたビスクドールをイメージした
タカラバービーの高級バージョン。
このエクセはボディの構造から84年のものと思われる。